/

この記事は会員限定です

寝台特急食堂車・水戸岡氏デザインカフェ、気軽に旅気分

[有料会員限定]

運行を終了した列車や、運行本数の少ない華やかなクルーズ列車。その世界観を、東京近郊で気軽に味わえる場所がある。

ブルートレイン「北斗星」の車両活用

埼玉県の東川口駅から7分ほど歩くと、ブルーの車両が見えてくる。寝台特急「北斗星」だ。1988年に青函トンネルの開業にあわせて誕生し、上野と札幌の間を運行。日本初の豪華寝台特急とうたわれ、「ブルートレイン」の名前で多くの人が親しんだ。

北斗星は2015...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン