/

この記事は会員限定です

絵本がみつめる世界(3) 「にわとりとたまご」

絵本研究者 中川素子

[有料会員限定]

めんどりが卵を生み落とす。卵の丸みは、一本線でなく、気付かないほどの点のつながりで、命の繊細な有機性を示している。

ひよこが生まれるまでの1冊だが、懐胎しためんどりが抱卵している姿だけではなく、卵の中の成長の絵も入れている。孵化(ふか)が始まり、胚が変化し始めた画面、卵黄が半分、ひよこになりかかっている画面、殻の中にすでに嘴(くちばし)、目、足のできたひよこが押しつまっている画面の3つである。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン