/

この記事は会員限定です

日焼け止め、SPF上限「50」のわけ PA基準は日本生まれ

くらしの数字考

[有料会員限定]

気温も上がり、日焼けも気になり始めるこの季節。日焼け止めの強さは「SPF」や「PA」といった指標で示されるが、この数字は何を表しているのだろうか。

紫外線に素肌の何倍耐えるか

「きょうは屋外で長時間過ごすから、効果が高そうなSPF50の日焼け止めを使おう」――。このように日焼け止めを選ぶ人も多いだろう。

日本で販売される日焼け止めにSPFやPAを記載するには、日本化粧品工業連合会(粧工連)の基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン