/

この記事は会員限定です

「政治は男性」を打ち破れ ADB副官房長・児玉治美

ダイバーシティ進化論

[有料会員限定]

1990年代、私は永田町で女性議員の秘書を務めた。「マドンナ旋風」で女性議員の活躍が目立った時代。超党派の女性でまとまり、女性政策推進のため官邸や大臣室に申し入れに行くことも珍しくなかった。

30年たった今、日本の女性の政治参加は国際的に最低レベルだ。2018年には政治分野の男女共同参画推進法(候補者男女均等法)が施行されたが、昨年の衆院選でも女性比率は改善しなかった。今夏の参院選では果たしてど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン