/

この記事は会員限定です

荻原浩「ワンダーランド急行」(231)

[有料会員限定]

4.私は私の世界へ帰るのだ 94

食卓に並んでいるのは、

黄金色のころもをまとった海老(エビ)フライ。

ぷりぷりの大海老がごろごろのエビチリ。

カクテルグラスに飾りつけられた本格的なシュリンプカクテル。

おお、すごい。

すごい嫌がらせだ。私は海老が大の苦手なのだ。

味というより姿がダメ。だって昆虫みたいじゃないか。脚がうじゃうじゃいっぱい生えてるし、むき身もなんだかイモム……おっと想像しただけで胃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン