/

この記事は会員限定です

小泉武夫の食あれば楽あり フキと身欠きニシンの煮物

[有料会員限定]

フキ(蕗)と身欠きニシンの関係は、我が輩が子供のころから知っている美味(おい)しい関わり合いである。ちょうどフキが出るころ、初物の生干しの身欠きニシンも顔を見せ、それを煮合わせて田植えの時期の畦道(あぜみち)料理になったのである。

その煮物をつくる時には、勝手(かって、台所のこと)の女性たちは前夜から身欠きニシンとフキのアク抜きをした。

我が生家では生干しの身欠きニシンを使うため、アク抜きは米(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン