/

この記事は会員限定です

石原慎太郎氏死去 肉体派作家だから書けた「生と死」

[有料会員限定]

1日に亡くなった石原慎太郎氏が、一橋大学に在学していた1955年にデビュー作として発表し芥川賞を受賞した短編小説「太陽の季節」は、父の死をきっかけに放蕩(ほうとう)生活を送っていた弟・裕次郎から聞いた話が題材という。文学界新人賞への応募に当たっては「書くのはわずか二日ですんだが、なにしろ左利きのための無類の悪筆なので、清書には三日かけて投函(とうかん)した」。97年1~3月に日本経済新聞に連載し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン