/

藤井棋聖、最年少で初防衛 将棋界初の10代九段に

(更新)
棋聖戦第3局を制し最年少でタイトルを防衛した藤井棋聖(3日、静岡県沼津市)=日本将棋連盟提供

将棋の第92期棋聖戦五番勝負の第3局が3日、静岡県沼津市で指され、後手の藤井聡太棋聖(18)が挑戦者の渡辺明三冠(37)を100手までで破り、3連勝でタイトルを防衛した。18歳11カ月での防衛は史上最年少。藤井棋聖はタイトル3期獲得の規定により、最年少で九段昇段も果たした。

藤井棋聖は防衛を決めた直後、「将棋界には『防衛して一人前』という言葉があるので(防衛できて)よかった」と語った。

タイトル防衛の最年少記録は屋敷伸之九段(49)が1991年に棋聖を防衛した際の19歳0カ月だったが、これを更新した。九段昇段は、渡辺三冠が持つ21歳7カ月の記録を2歳半以上更新した。将棋界初の10代での九段となる。

藤井棋聖は昨年の棋聖戦で最年少でのタイトル獲得を果たした。現在は王位を併せ持つ二冠で、王位戦では豊島将之二冠(31)を挑戦者に迎えた七番勝負も戦っている。叡王戦では挑戦者となっており、王位防衛・叡王獲得となれば最年少で三冠となり、渡辺三冠と並ぶ最多のタイトル保持者となる。

将棋界には現在8つのタイトルがあり、渡辺三冠、豊島二冠、藤井二冠、永瀬拓矢王座(28)の4人が「4強」と呼ばれタイトルを分け合っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン