/

この記事は会員限定です

安らぎ求める暗殺者の素顔 映画「ブラック・ウィドウ」

[有料会員限定]

大画面で繰り広げられるスーパー・ヒーローのアクションが生む爽快感。それこそがマーベル・コミックの実写映画化版の魅力であり、映画本来のお楽しみに通じるものがある。

そんなシリーズの中、スパイの役割を負って初登場の『アイアンマン2』(2010年)から、仲間のために自分の行くべき道を選ぶ『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19年)まで、計7作で稀有(けう)な身体能力を駆使してきたのがブラック・ウィドウこと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン