/

この記事は会員限定です

「童話を書くように」小川紗良さんが初小説に込めた思い

「海辺の金魚」(あとがきのあと)

[有料会員限定]

「身寄りのない子どもなど、いわゆる一般家庭ではないところで生きる子どもたちや、彼らを描いた作品に関心があった」ことから、初挑戦となる小説の舞台は児童養護施設にした。映画「海辺の金魚」(25日公開予定)と同名の短編を表題作にし、続きの物語を紡いで連作短編集とした。

主人公・花は18歳になり、来春には施設を出る。やりたいこともなく将来に不安を抱えて過ごしていたある日、ぬいぐるみを抱きしめた晴海がやって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン