/

この記事は会員限定です

フロンティアは人の内面に 入山章栄氏が選ぶ一冊

アイデア資本主義 大川内直子著

[有料会員限定]

素晴らしい一冊だ。文化人類学を研究してきた著者は資本主義を「将来のより多い富のために現在の消費を抑制し投資しようとする心的傾向」の総合的な表出、と定義する。人類は「空間」「時間」「生産=消費」の三方向で資本主義のフロンティアを開拓してきたが、それが限界を迎えた現在はフロンティアを内面に向けていると主張する。

評者にとって本書の素晴らしさは、イスラム教、アルジェリアの農村部、中世ヨーロッパ、宋王朝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン