/

この記事は会員限定です

話を聞くときの座り方 少し浅めだと興味示す姿勢に

マナーのツボ

[有料会員限定]

「実るほど頭の下がる稲穂かな」という言葉の通り、地位の高い人のお辞儀ほど深く、腰が低いと感じています。しかし、そういう人でも、人の話を聞くときに、椅子の背にもたれて、顎をあげて、尊大な感じでいる姿を見ます。椅子に深く座るのは食事のときだけ。食事ではテーブルと、おなかの距離はこぶし1つ半から2つです。近すぎると動きが不自然になり、遠すぎるとサービスする人の邪魔になります。また、背もたれには寄りかか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り396文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません