/

この記事は会員限定です

チャイコフスキー、「悲愴」の初演 9日後の突然死

ゴールの流儀 人生100年の羅針盤

[有料会員限定]
晩節を全うするにはどうしたらいいのか。偉人や賢人の最期を描き、人生後半の生き方を考えるコラム「ゴールの流儀」。今回は作曲家のチャイコフスキーを取り上げます。

ロシアの作曲家、ピョートル・チャイコフスキーの死は、当時の首都、サンクトペテルブルク(略称ペテルブルク)で突然訪れた。1893年10月25日未明のことで、医師の診断によると「死因はコレラ」。53歳だった。

その9日前の16日にはペテルブルクの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1705文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン