/

この記事は会員限定です

津田梅子 古川安著

科学者の道 断念した胸中

[有料会員限定]

岩倉遣外使節団に6歳の女の子が参加していた。日本の親元を離れ、そのままアメリカに滞在し、官費留学生として11年間学んだ。彼女の名は津田梅子、言わずと知れた津田塾大学の創始者だ。けれど梅子がふたたび渡米し、生物学の研究で成果をあげていた事実はほとんど知られていない。将来を嘱望されながら、なぜ科学者の道へ進まなかったのか。本書はそんな疑問を携えつつ彼女の軌跡を追い、時代の抱えた矛盾をあきらかにしよう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン