/

この記事は会員限定です

少女の目と心に映る世界を映像化 映画評8本

[有料会員限定]

こちらあみ子

少女の無垢な心と現実 村山匡一郎(映画評論家)

落ち着きがなく、いつも動き回って、自分の思うこと、望むことをすぐに口に出す風変わりだが無垢(むく)なあみ子。そんな女の子が家族や同級生など周囲の人々と引き起こす出来事を描いている。芥川賞作家の今村夏子が2010年に発表したデビュー小説の映画化である。

広島の海岸近くの町で、父(井浦新)、後添えの母(尾野真千子)、兄(奥村天晴)と暮らす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3097文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン