/

ホンダ販売店で不正車検 国交省が1店舗の指定取り消し

国土交通省関東運輸局は31日、車検業務で不正行為をしていたとして、ホンダ販売店であるホンダカーズ東京中央(東京・世田谷)の1店舗について指定自動車整備事業の指定を取り消したと発表した。同店では1187台に対し、必要な検査をせずに車検を通していた。

国交省は道路運送車両法にもとづき、ホンダカーズ東京中央の王子店(東京・北)の指定自動車整備事業の指定を取り消した。同店では2020年8月~21年12月に不正行為があったという。車が直進するかどうかを確かめるための検査では装置を正しく使用せず、あらかじめ車が横ずれしないように操作していた。またブレーキなどの検査では必要な点検や整備を実施していなかった。

ホンダは同店の従業員からの申告を受けて、内部調査を実施した。1月に不正の事実が認められたため、ホンダカーズ東京中央が国交省に報告し、今回の行政処分に至った。ホンダは同日、「このような不正行為があったことは誠に遺憾」とコメントした。他の販売店についても総点検を実施しているが、現時点では新たな不正は見つかっていないという。

車検業務をめぐっては、トヨタ自動車が21年9月、系列の販売会社計15社16店で不正があったと発表した。対象となる台数は6659台にのぼった。国交省は、同年7月に不正が発覚したトヨタモビリティ東京(東京・港)の販売店「レクサス高輪」(同)について、指定自動車整備事業を取り消す処分をしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン