/

この記事は会員限定です

合成樹脂 需要は19年下期並みに回復 価格なお上昇も

プライムポリマー社長 藤本健介氏 

[有料会員限定]

――新型コロナウイルス禍で減った合成樹脂の需要が回復傾向にあるようです。

「石油化学工業協会の統計をみると、4~6月の生産量は代表的な合成樹脂の低密度ポリエチレンが前年同期比で20%、ポリプロピレンが35%増えた。7月単月でもポリプロピレンは前年同月比で20%増加している。自動車生産が持ち直し、電気・電子機械の出荷も堅調で、部品や部材向けに需要が戻り始めた」

「巣ごもり消費で『中食』や家庭で料理す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン