/

この記事は会員限定です

「光遺伝学」で神経活動操作 病気解明のけん引役に

直談 慶応義塾大学教授 田中謙二氏

[有料会員限定]

生きている動物の体内で神経細胞の活動を光で操作する技術「光遺伝学(オプトジェネティクス)」への注目が高まっている。神経科学や脳科学の研究を一変させ、他分野にも活用が広がりつつある。ノーベル賞の有力候補に挙がる光遺伝学の意義や動向について、慶応義塾大学医学部の田中謙二教授に聞いた。

――光遺伝学とはどんな技術ですか。

「光を使って特定の神経細胞の活動をミリ秒単位で精緻に操作する技術だ。光によって構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1293文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません