/

三菱自動車「パジェロ製造」、生産活動終了

三菱自動車の生産子会社、パジェロ製造(岐阜県坂祝町)は31日、生産活動を終了した。約1千人の従業員は同日までに退社し、三菱自の岡崎製作所(愛知県岡崎市)へ移籍したほか近隣企業に再就職した。同社の構造改革の一環で、かつて人気を集めた「パジェロ」は7月に生産を終了していた。

パジェロ製造は1982年に多目的スポーツ車のパジェロの生産を始めた。販売不振で19年に国内向けの生産を終了し、海外向けも21年7月に終了した。同社で生産していたミニバン「デリカD:5」は岡崎製作所に移管する。パジェロ製造の累計生産台数は396万台。

8月2日時点で988人いた従業員のうち、349人は岡崎製作所など三菱自動車に移籍。361人が近隣企業などに再就職し、278人が希望退職した。三菱自は工場跡地などの売却を進める方針だ。パジェロ製造は1943年に岐阜市で創業してから78年の歴史に幕を下ろす。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン