/

この記事は会員限定です

国産割り箸値上がり 材料の間伐材、発電用と競合

[有料会員限定]

スギやヒノキを使った国産の割り箸が値上がりしている。割り箸に使う間伐材などが木質バイオマス発電の燃料として高く売れるようになり、材料費が上昇しているためだ。足元では新型コロナウイルス禍からいち早く経済活動が回復傾向を見せた中国向けの丸太需要も材料費の押し上げ要因になりつつある。森林を守ることにもつながるとされる国産割り箸は、時々の環境意識の高まりで注目を集めつつも、需要が根付かずメーカーは採算の悪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1852文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン