/

この記事は会員限定です

悪化しやすい心不全、新治療薬に期待 生活の質向上も

[有料会員限定]

長年、予後が悪かった慢性心不全向けの新薬がここ数年で続々と登場している。治療後の再入院を減らし、生活の質(QOL)も改善しそうだ。高齢化で患者は増えており、治療薬の増加は朗報だ。一方で、新型コロナウイルス感染症の流行で、医療機関での使用が思うように進んでいないため、専門医は「自分の状態に合わせて主治医とよく相談してほしい」と話す。

心不全とは、何らかの原因で心臓が十分に働かなくなる状態をいう。高血...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン