/

トリビューが10億円調達、美容医療の予約アプリに投資

美容医療の口コミ・予約アプリのトリビュー(東京・渋谷)はベンチャーキャピタル(VC)などを引受先とする第三者割当増資で総額10億円を調達した。脱毛やシミ取りをネット経由で利用する需要が高まる。資金を人材採用やマーケティング費用に充て、アプリのダウンロード数は2022年末に足元の1.5倍となる100万件を目指す。

トリビューは17年にサービスを始めた。消費者はアプリに掲載された美容クリニックを比較検討した上で予約する。施術後に消費者が投稿できる口コミ機能も備え、内容が偏らないよう投稿者の本人確認のほか、否定的な内容でも掲載する。収益源の柱は予約に応じたクリニックからの手数料。

若年層を中心に美容医療への抵抗感が薄まっており、利用者は拡大する。トリビューによれば新型コロナウイルス禍のオンライン交流で、画面上で自分の姿を見る頻度の増加も一因となったという。女性にとどまらず、男性の薄毛・ニキビ治療などに対する需要も高まる。

今回の第三者割当増資の引受先はニッセイ・キャピタルやKDDI Open Innovation Fund、W ventures、三菱UFJキャピタルなどが担った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン