/

この記事は会員限定です

日通からNXHDへ 最高益でも遠い「世界通運」への道

松井亮佑

[有料会員限定]

日本通運が「非連続な成長」を掲げて発足させた持ち株会社NIPPON EXPRESSホールディングス(NXHD)。2022年12月期は最高益を更新する見通しだが、投資家の期待は高まっていない。コロナ下で航空貨物と海運の運賃が高騰したものの、世界の企業間物流大手「メガフォワーダー」と競っていくための経営改革に実りが少ないからだ。日通が「世界通運」になる日はまだ遠い。

「特殊要因がプラスに働いており、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2082文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません