/

この記事は会員限定です

スキあり、サイバー捜査網 権限巡り欧米と落差

[有料会員限定]

知的財産やインフラ、国家を狙った国際的サイバー犯罪が相次ぐ。警察庁もサイバー局新設など体制強化に取り組むが、捜査権限の議論を欠き、頼りなさが残る。海外警察は容疑者にウイルスを送り込む「ポリスウエア」など様々な新手法で対抗する。日本では禁じ手だ。過去最悪の海賊版被害に悩む出版業界は「自助」に励み、アジア警察の人材育成も始めた。

犯罪者の端末に侵入すると感染を広げ、証拠や身元情報を警察に伝える――。サ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2594文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Inside Out

現代の日本、世界が直面する構造問題の根っこに一体なにがあるのか。未来志向の「解」を求めて、記者が舞台裏や歴史を徹底的に探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン