/

この記事は会員限定です

携帯3社値下げ、減益影響3000億円規模 会社予想超えも

[有料会員限定]

NTT傘下のNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯3社の2023年3月期は、携帯料金値下げによる減益要因が合計3000億円規模になる見通しだ。菅義偉前首相が主導した「官製値下げ」で昨春に低価格ブランドを投入した影響が続いている。足元でも低価格ブランドなどへの乗り換えが活発なことで、会社予想を超える規模になるとの見方もある。非通信事業の強化などの施策の重要性が高まりそうだ。

会社公表の影響...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン