/

この記事は会員限定です

東電、福島で廃炉設備生産 開発や使用済み燃料保管も

25年めどに新会社設立、地元企業活用

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス(HD)は福島県に廃炉製品の生産拠点を新設する。原子力関連企業と共同出資して新会社を設立し、福島第1、第2原子力発電所の廃炉工程で必要な製品を県内企業主導でつくる。研究開発拠点や使用済み燃料の保管施設なども整える。総投資額は5000億円を見込み、廃炉技術の集積と雇用創出を促す。

新会社は2025年前後の設立を目指す。共同出資相手には原発事業で協力関係にある東芝日立製作所などを軸に調整を進める。福島第1、第2原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン