/

この記事は会員限定です

「防災の日」、イオンなど日常使いの商品提案を強化

[有料会員限定]

9月1日の「防災の日」に向け、小売り大手が防災用品の販売に注力している。イオン傘下のイオンリテールは店頭で常温保存が可能な豆腐や車中泊に備えられるセット商品を発売した。今年も各地で豪雨災害などが相次いで発生する中、小売り各社では備蓄用でも日常生活やアウトドアのレジャーで使えるような商品の売り場提案が増えている。普段からの備えを促して、消費者の防災意識の高まりに応えたい考えだ。

イオンリテールは本州・四国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り670文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン