/

この記事は会員限定です

経済再開、停滞懸念じわり 感染拡大で夏休み消費に影

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染者の増加が経済の先行きに再び影を落とし始めた。政府は緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の対象地域を計11都道府県に広げた。各地域の外食や小売店などへの影響は避けられない。回復で先行していた欧米でも世界的なインド型(デルタ型)の拡大が加わり、夏以降のシナリオが見通しにくくなっている。

小売り・外食、影響再び

「8月は繁忙期。また赤字になるかもしれない」。大阪市西成区で焼鳥店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン