/

ALS原因遺伝子を発見 武田など、iPS・スパコン活用

武田薬品工業と慶応義塾大学、新潟大学などの研究グループはiPS細胞とスーパーコンピューターを組み合わせた解析で、筋肉が衰える神経難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の病態に関わる遺伝子群を新たに発見した。この遺伝子群を標的とすることでALSの治療法を開発できる可能性がある。

遺伝する家族性ALSの中でも「FUS」という遺伝子に変異が起きている症例に注目。患者や健康な人から作ったiPS細胞を運動神経の細胞に育て、それぞれの神経細胞のRNA(リボ核酸)の状態を調べた。

このデータをスパコンで解析し、因果関係を確率で結び付けて図示する「ベイジアンネットワーク」という手法によって、病態に関わる3つの重要な遺伝子を突き止めた。これらの遺伝子が関わる仕組みがDNAの損傷を引き起こし、ALSの病態につながる神経細胞の変性をもたらすことなども分かった。

iPS細胞とスパコンを組み合わせた今回の解析手法は、アルツハイマー病などALS以外の複雑な病気にも幅広く活用できるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン