/

この記事は会員限定です

純現金収支の大きい企業、データ駆使で稼ぐ

デジアーツ、ネット閲覧制限ソフト

[有料会員限定]

日本経済新聞社は売上高100億円以下の中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、過去3年間の平均フリーキャッシュフロー(純現金収支、FCF)の黒字額でランキングした。上位には蓄積したデータやIT(情報技術)を駆使してサービスを磨き、新型コロナウイルス禍などで経営環境が不透明ななかでも現金を着実に生み出す企業が入った。

2020年度までの過去3年分のFCFを平均し、直近決算で最終黒字の企業を対象に調...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン