/

この記事は会員限定です

サーパスや丸紅、福利厚生で「フェムテック」 不安解消へ

生理痛薬の遠隔処方支援 体調改善のデータ分析

[有料会員限定]

福利厚生で、女性の悩みをテクノロジーで解決する「フェムテック」が広がり始めた。女性社員が約8割のスタートアップは専門家の遠隔相談サービスを導入し、生理痛などを緩和する低用量ピルを補助する。丸紅エムティーアイは社内に導入後、外部にもサービスを提供し効果のデータも示す。欧米に比べ、日本は女性特有の体調不良へのピル服用や理解が少ない。労働損失は年5千億円規模で、競争力に影響する。

女性社員の働きやすさに直結

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2199文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません