/

この記事は会員限定です

中国ネット規制、知財保護は道半ば 企業の自衛策に限界

サイバーカオス 経済安保の死角

[有料会員限定]

中国のネット大手・百度が運営する文書共有サイト「百度文庫」などに、グローバル企業の社外秘文書が数多く漏洩している疑いがあることが分かった。中国政府は個人情報や知的財産などデータ管理の強化をプラットフォーマーに求める法整備を進めている。国益を優先しているとみられ海外企業の権利保護はまだ途上だ。

中国政府はサイバー空間を監視・統制するための法整備を進めてきた。その中核が「データ3法」だ。2017年以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1284文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

サイバー防衛

手口が巧妙化し被害が増えているサイバー攻撃や、それに対する防衛策などに関する最新記事をまとめたページです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません