/

アマゾンとバロー、食品宅配を開始

プライム会員向けに

アマゾンジャパン(東京・目黒)は30日、バローホールディングス(HD)傘下の食品スーパー、バローと協力した食品販売サービスを始めたと発表した。アマゾンの有料会員は通販サイト上で、バローの実店舗で取り扱う生鮮食品など数千点を購入できる。名古屋市と愛知県清須市から始め、今後愛知県を中心に順次拡大する。

注文を受けた後、バロー店舗の専任スタッフが商品を選び、アマゾンの配送ドライバーが注文から最短2時間で届ける。最低注文金額は2000円で、配送料は8000円未満の注文で390円、8000円以上は無料とした。

両社は3月に共同のネットスーパー事業を始めると発表していた。アマゾンは関東や関西の一部地域では食品スーパー大手のライフコーポレーションと食品宅配で連携している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン