/

ウェザーニューズの前期、純利益16%増 気象アプリ好調

ウェザーニューズが30日発表した2022年5月期の連結決算は、純利益が前の期比16%増の21億円だった。個人向けの気象アプリの利用が伸び、利用料収入や広告収入が増えた。ソフトウエア開発の内製化を進めたことでコストも削減した。

売上高は4%増の196億円、営業利益は19%増の29億円だった。船舶に最適な航路情報などを提供するサービスが欧州で堅調だった。座礁防止や二酸化炭素(CO2)削減サポートなどの新サービスも伸びた。

23年5月期の連結純利益は前期比11%増の24億円、売上高は7%増の210億円を見込む。新型コロナウイルス禍で落ち込んでいた航空気象サービスが国際線需要の回復に伴ってアジアの航空会社を中心に好調に推移するとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン