/

スバル、ワクチン接種でミスの疑い 注射針を再使用か

SUBARU(スバル)は30日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種でミスが発生した疑いがあると発表した。使用済みの注射針を再利用したか、ワクチンの量が適切な量を下回った可能性が高いという。ミスが起こった疑いのある日に接種した従業員には、同意を得て、エイズウイルス(HIV)など注射針を介した感染などがないか検査する。

9月3日午後に宇都宮製作所(宇都宮市)で実施された職域接種で、ミスが起きた可能性がある。同日に接種をしたのは323人で、同社やグループ会社などの従業員が含まれる。ワクチン接種をした医療機関からの報告で発覚した。

ミスが発生した経緯などは調査中という。10月1日には対象者の同意を得たうえで、感染症の検査を実施する。抗体検査も実施し、どのくらいの抗体量があるかも調べる。職域接種は継続する方針で、接種マニュアルの徹底を図るとしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン