/

NTTデータと三菱商事、RPAを世界で販売

NTTデータ三菱商事は30日、定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)製品の世界展開で協業すると発表した。NTTグループのRPA製品「WinActor(ウィンアクター)」を海外の三菱商事グループ企業が所有する顧客基盤を通じて販売する。NTTデータは2024年末までに海外の企業や行政機関向けに5千ライセンスを販売する計画を立てており、三菱商事グループとの連携で達成を早めたい考えだ。

世界展開に先駆けて、NTTデータと三菱商事のブラジル法人同士は5月に提携し、ブラジルやチリ、コロンビアといった中南米地域の10カ国でWinActorを共同で販売し始めていた。このたび、中南米での協業を全世界に拡大する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン