/

この記事は会員限定です

マツダ、純利益113億円 4~6月 コロナ禍前も上回る

[有料会員限定]

マツダが30日発表した2021年4~6月期連結決算は、純利益が113億円(前年同期は666億円の赤字)だった。新型コロナウイルス禍で販売が低迷した前年同期に比べ、主力の米国市場を中心に販売が回復。販売奨励金(インセンティブ)が抑えられ、外国為替相場の円安傾向も追い風となった。固定費の削減効果も出て、コロナ禍前の19年4~6月の純利益と比べても2.2倍となった。

売上高は前年同期比2.1倍の803...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り409文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン