/

この記事は会員限定です

レシップ、米国で運賃システム受注 クラウドでデータ管理

[有料会員限定]

車両用電装機器を手掛けるレシップホールディングス(HD)は、米国の交通会社から、バスの運賃箱を含めた運賃の収受システムを受注した。受注額は数億円。運賃箱のデータを通じ、どの路線や停留所から運賃が支払われたかをクラウド上で管理できるシステムを納入する。クラウドの保守やサポートも含め、定額のサブスクリプション型として提供する。

納入先は米カリフォルニア州北部の公共交通機関運営会社、North County Transit D...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン