/

JDI、役員・従業員の21年度の報酬を削減

ジャパンディスプレイ(JDI)は30日、役員報酬と従業員の賞与を減額すると発表した。4月から社内外の取締役は月額報酬を、執行役と執行役員は月額報酬と賞与を、管理職と一般職の社員は賞与を減額する。2022年3月期で約27億円の経費削減効果を見込む。

社外取締役と執行を兼任しない社内取締役は月額報酬の25%を減額する。執行役は月額報酬の20%、執行役員は月額報酬の10%を削減。それぞれ賞与はなしとする。ほかに管理職は賞与の70%、一般職は50%を減額する。減額の対象となる期間は21年4月~22年3月の12カ月で、賞与は夏と冬の2回分とした。

JDIの21年3月期の連結業績は、296億円の営業赤字を見通す。黒字化に向け構造改革に取り組んでいた。会長兼最高経営責任者(CEO)のスコット・キャロン氏は、本人の申し出により、役員就任時から月額報酬、賞与ともに無報酬という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン