/

この記事は会員限定です

原材料高、3.4兆円減益要因 主要44社の23年3月期

[有料会員限定]

原材料高が企業業績の重荷になっている。主要44社の2023年3月期は原材料高が3兆円を超える利益押し下げ要因となる見通しだ。経常利益の約4割の水準にあたり、業種別では自動車や電気機器などで影響が大きい。各社はコスト削減や価格転嫁を進めるが、補いきれない。原材料高の一因であるロシアのウクライナ侵攻が長期化しており、業績がさらに下押しされる可能性がある。

日経平均株価を構成する3月期決算企業166社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン