/

この記事は会員限定です

卸売業、新規事業に活路 本紙調査

コロナで経営苦しく

[有料会員限定]

新型コロナウイルスで経営が苦しい卸売業が新規事業に活路を見いだしている。日本経済新聞社がまとめた「第50回日本の卸売業調査」によると、約5割の企業が新規事業を拡大するか新たに取り組むと回答した。本業の卸売業が苦戦する中、ネット通販やサービスなどを新たな収益源として育てたい考えだ。(詳細を9月1日付日経MJに)

卸売業調査は885社を対象に6月下旬から8月上旬に実施し、534社から有効回答を得た。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン