/

この記事は会員限定です

AI翻訳やりとり自在 端末多様に、KDDIは眼鏡型

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

人工知能(AI)を使った即時の翻訳機能が様々な端末に搭載され始めている。KDDIは眼鏡型、中国のスタートアップはイヤホン型を開発。用途や相手、状況に合わせて端末を使うことができる。精度が翻訳者並みに高まるなか、端末開発で使い勝手も良くなることで、言語の壁が無くなる未来が近づきそうだ。

「今日は暑いので水分補給をこまめにして下さい」「分かりました」。9月下旬、飛島建設が手がける兵庫県西宮市のマンション工事現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン