/

この記事は会員限定です

松屋銀座、仮想通貨払い導入 若者取り込み狙う

[有料会員限定]

松屋は6日から松屋銀座店(東京・中央)の支払い手段で暗号資産(仮想通貨)を受け付ける。200万円を上限に、まず高級ブランドや時計の購入に使えるようにする。大手百貨店で仮想通貨を決済に使えるのは珍しい。これまで接点がなかった20~30代の仮想通貨投資家などの顧客取り込みを狙う。

仮想通貨の一種で、日本円と連動するステーブルコイン「JPYC」を発行しているJPYC(東京・千代田)と連携する。松屋で購入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン