/

「五輪と企業」まとめ読み 試合伝える通信、警備に磨き

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞
企業のリサイクル技術が結実した東京五輪の表彰台(国立競技場) ⓒTokyo2020

日経産業新聞のシリーズ連載「五輪と企業」では、東京五輪・パラリンピックを契機に技術やサービスに磨きをかける企業の現場に迫ります。安全な大会運営や映像を通じた観戦、選手の競技や表彰などのために各企業がどう準備して臨んだのか、まとめました。

NTT、試合を目の前に再現 五輪を機に映像通信磨く
NTTの映像転送技術「Kirari!」の再生装置(神奈川県横須賀市)
NTTが五輪・パラに向け開発した映像・通信技術は、遠く離れた試合会場での競技を目の前でプレーしているかのように再現する。高速通信規格(5G)によるデータ伝送と、高精細映像の抽出や合成とを組み合わせる。スポーツなどのライブを臨場感あふれるリアルに近い体験へと変え、付加価値を高める。
五輪の安全、セコムの警備ロボ駆ける 空港や競技場で
五輪の会場警備でも導入される巡回監視ロボット「セコムロボットX2」(成田空港)
セコムなどが先端技術を駆使した警備体制の構築を急いでいる。自律走行の警備ロボットが空港や競技場で不審物を探したり、不審者を見つけて煙を噴射したりする。五輪・パラは多くの会場で無観客となったが、競技・種目や選手数は過去最大規模で安全を守ることが欠かせない。
大橋選手も着用 ミズノやデサント、五輪最速へ水着競う
ミズノは競泳水着「GX・SONIC」シリーズを手掛ける(写真は最新モデル)
五輪・パラ競泳種目の舞台裏では、ミズノなどスポーツ用品各社が水着開発にしのぎを削る。日本競泳女子で初めて同一大会で2つの金メダルを獲得した大橋悠依選手も着用した水着は、選手自身の泳ぐ力を引き出し、動きやすさも追求するのが特徴だ。スイマーの注目を集め海外も含めた需要を掘り起こす。
五輪表彰台、廃プラから再生 P&Gなど25トン回収
P&Gなどによる表彰台は、3D技術で作られた20センチメートル四方の立方体で構成する
五輪・パラで、企業のリサイクルの技術が花開く。日用品大手の米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)や慶応大学などのプロジェクトチームは、全国で使用済みプラスチック25トンを回収し、3次元(3D)プリンターを使って表彰台98台に生まれ変わらせた。日本発の循環型社会モデルを世界に発信する。
Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン