/

この記事は会員限定です

排ガスからジェット燃料 米社がANAに供給、脱炭素期待

[有料会員限定]

工場の排ガスに含まれる炭素などを原料に使い、ジェット燃料を作る技術が実用化しつつある。米スタートアップのランザテック(イリノイ州)は、こうしたジェット燃料の工場を米国に子会社が建設中で、2022年に運転を始める。航空業界の二酸化炭素(CO2)の排出を大幅に減らすと期待されている。

同社子会社のランザジェットが米ジョージア州に建設中の工場では、炭素を含む工場の排ガスやバイオマス(生物資源)から作った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン