/

キリンビバレッジ、「午後の紅茶」や「生茶」20円値上げ

キリンホールディングス傘下のキリンビバレッジは30日、「午後の紅茶」や「生茶」などのペットボトル入り清涼飲料127品を10月1日納品分から20円値上げすると発表した。希望小売価格で6~25%の値上げになる。

値上げするのは同社が販売する清涼飲料の約4割になる。午後の紅茶は500ミリリットルの希望小売価格が税抜き140円から160円に上がる。2リットルや1.5リットルの大型容器に加え、500ミリリットル前後の小型容器、ボトル缶も対象になる。

同社は「急激な円安の進行に伴い、原材料価格や容器包装価格、物流費などが著しく上昇している。コストアップの全てを吸収することは、企業努力だけでは限界に来ている」と話す。

伊藤園も同日、値上げを発表している。サントリー食品インターナショナル(サントリーBF)やアサヒ飲料も値上げを表明しており、コカ・コーラグループを加えた国内飲料の上位5社すべてが値上げを表明した。飲料総研(東京・新宿)によると5社の国内シェアは85%にのぼる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

値上げラッシュ

原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。最新の記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン