/

この記事は会員限定です

川崎重工、オフロード四輪車を増産 コロナで需要急拡大

[有料会員限定]

川崎重工業は30日、林道や岩場を走れるオフロード四輪車を増産すると発表した。2023年3月までに米国の生産拠点を増強し、メキシコにも新工場を建てて生産能力を3割引き上げる。投資額は約300億円。コロナ禍で密にならない屋外レジャーの需要が拡大しているのに対応する。

現在は米国内の2つの生産拠点を、22年に稼働を始めるブーンビル工場(ミズーリ州)とメキシコ工場をあわせた4拠点に広げる。米国での人手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン