/

この記事は会員限定です

三菱重工、宇宙衛星に参入 赤外線カメラで災害予兆検知

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

三菱重工業が宇宙衛星事業に参入する。災害観測などに使う超小型衛星を開発した。重さが46キログラムと軽くロケット1機に複数搭載できる利点がある。自治体や企業への販売に加え、自ら観測サービスを手掛けることも想定する。実現すれば民間企業による衛星観測サービスの多様化や価格競争につながる。

三菱重工が単独で衛星を開発するのは初めて。新しい衛星「ZーSat」は一辺50センチメートルの立方体と小型のスーツケースほどの大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1224文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン