/

この記事は会員限定です

国のデジタル化遅れ、企業の責務は?NEC森田社長に聞く

そこが知りたい

[有料会員限定]

9月にデジタル庁が発足し、国を挙げた行政のデジタル化が動き出した。コロナ禍で露呈したデジタルトランスフォーメーション(DX)の遅れは、官公庁のデジタル化に長年携わってきた国内IT(情報技術)企業にも責任の一端を求める声がある。挽回に向けた企業の責務は何か。NECの森田隆之社長兼最高経営責任者(CEO)に聞いた。

――日本社会のDXの遅れの背景は何でしょうか。

「技術を生かす仕組みや仕掛けが整って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン