/

大正製薬、JR新宿駅で大衆薬販売機を実験 5月から

大正製薬は5月下旬からJR新宿駅(東京・新宿)構内で一般用医薬品(大衆薬)を販売機で売る実証実験をする。同社の風邪薬や解熱鎮痛剤約30品目を扱い、消費者が症状などから購入できるようにする。大衆薬の販売は薬剤師など資格を持つ人による情報提供の体制が必要。同社は国の規制緩和制度を活用し、薬局の外で新たな販路を模索する。

新技術の実用化を促し規制を部分緩和する「規制のサンドボックス制度」を活用する。無人店舗技術などを手掛けるブイシンク(東京・千代田)と提携した。新宿駅構内に販売機を置く。風邪薬「パブロン」や解熱鎮痛剤「ナロン」など、第2類と第3類医薬品、医薬部外品の約30品目を扱う。消費者は商品名や症状などから購入する薬を選ぶ。実証実験は3カ月間。

販売機は同駅構内のドラッグストアと連携しており、店内にいる薬剤師などが販売機に入力された購入内容を確認した上で販売を許可する。顔認証カメラを搭載しており、乱用防止成分を含む医薬品について、短期間に制限量を超えて買おうとする人を自動判定できるという。販売不可の場合はドラッグストアの店頭で説明を受けることを促す。

販売時間は当面は午前10時~午後4時を予定。決済は交通系ICカードのみ使える。医療費控除の「セルフメディケーション税制」の申請に使うレシートも発行できるようにした。

実証実験で得た販売データなどから課題やニーズを洗い出し、販売機の設置場所の条件や販売時間などを広げられるかを検討する。将来的には深夜や、空港や高速道路のサービスエリア(SA)などの場所でも大衆薬を買える販売機の開発を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン